専業主婦借り入れ可能なカードローンとは

通常のローンだと保証人や担保が必要となる事が多いですが、それに対して担保や保証人無しでお金を簡単に借りる事が出来るのがキャッシングやカードローンの良い所です。
しかし、簡単にお金を借りる事が出来ても、専業主婦の場合は借入しようとしても門前払いされる事もあるので注意しなければならないです。
現在の貸金業は総量規制という規制が適用されるようになっていて、業者が年収の三分の一超のお金を貸し出す事が出来なくなっているのです。
そうした規制があって本人に収入が無い専業主婦の場合は、配偶者の収入を頼りにして借りる事が困難になっていて、はじめから貸し出さないケースも多いのです。
ただ、お金を借りる方法が無くなってしまったわけでは無く、専業主婦借り入れ可能なカードローンも世の中にはあります。
それは消費者金融では無くて銀行からお金を借りるという方法です。
先ほどの総量規制というのは貸金業者に対して適用される法律なのですが、銀行の場合は同じようにお金を借りる事が出来ると言っても銀行法という別の法律が適用されるようになっていて異なるのです。
だからこそ銀行の場合は総量規制が適用されないので年収の三分の一超の借入は出来ないという規制も無いのです。
また、お金を借りる時には家族にも内緒で借りたいという人もいるのに対し、借りる際には当然審査が行われるので返済するには配偶者の収入が頼りになるのですが、それでも内緒でお金を借りる事も可能となっています。