カードローンは転職したばかりでも借りられる?

カードローンは、転職をしたばかりでも少額なら借りられる可能性があります。銀行カードローンなのか、消費者金融などのキャッシングなのかによっても異なります。

 

審査では、勤続年数も重視されますが、年収、年齢、勤務形態、個人信用情報、他社からの借入状況など、さまざまな項目が見られて総合的な判断がされますので、1つの項目で問題があるからといってすぐに審査に落ちるとは限りません。たとえ新しい仕事に就いてから1ヶ月程度しか経っていなくても、個人信用情報に傷がなく、他社からの借り入れもないならば、無理のない金額を借りることができる可能性は十分にあるでしょう。銀行のカードローンがダメなら、属性が良くなるまでの間は消費者金融を利用するという方法もあります。

 

もしも転職をして給料が上がったとか、キャリアアップをしたという事情がある場合には、前職で働いていた期間も考慮される可能性があります。例えば、現職ではまだ1ヶ月程度しか働いていないが、前職では3年働いていて、職業に連続性があるといった場合には、前職の源泉徴収票と現職の給与明細を提出することで、キャリアアップをしたと認められて、勤続年数を3年と1ヶ月とみなしてもらえる可能性があります。その場合には、高額な融資を受けることも可能になるかもしれません。

 

属性があまり良くない人が高額な融資を希望していると、あまり良い印象をもたれませんので、申し込みのときには、希望借入額は控えめな金額を書くことがコツです。