カードローンの借入限度額はどのようにして決まるのか?

いつも様々な出費の機会が見込んでくる中で、時には不測の事態に巻き込まれてお金が足りなくなることもあるでしょう。そんな時には消費者金融や銀行が提供するカードローンを活用して手軽に融資金を手にすると便利です。

 

このカードローンは事前契約において個人カードを取得することで、お金に困った時にはそれを持って近くのATMまで駆けつけると簡単な操作で希望額を引き出せるというもの。提携コンビニの店内ATMを使うと深夜でも早朝でも対応できるので、急なお金の用立てにも最適です。

 

ただし、カードローンの利用に際しては借入限度額があるので注意が必要です。これは借入可能な上限を示すラインのこと。申請時に消費者金融や銀行の審査担当者がそれぞれの顧客に見合った限度額を策定することとなります。それでもこの決定にはどのようなポイントが関わってくるのでしょうか。

 

まずは申請内容の全てが重要となり、職業や勤務先、そして年収証明書からわかる年収額をチェックすることでその人の経済力や返済能力などが判明し、自ずとどのくらいのレベルであれば融資可能なのかのラインが決定されていきます。さらに申請者の信用度も重要で、これに関しては信用情報機関への照会を通じて過去の借入履歴などの確認することで明らかとなります。

 

ただし稼ぎの少ない人や不安定な雇用形態の人でも、長期間にわたって限度額の範囲内で借入と完済を繰り返していくと信用度が蓄積され、業者側から増額のお誘いが届く場合もありますので、まずは実績を積み重ねて信用度を確保することが重要といえるでしょう。
西日本シティ銀行