カードローンの金利計算について

カードローンは、消費者金融会社や銀行が提供しているサービスで、最初に設定された上限枠の範囲で、お金の借り入れができるというものです。便利な点は、返済をすれば枠が回復してさらに使用できることや、カードを使ってATMでいつでも借りられるということにあります。一般的なローンの場合は、一度返済をしても枠が回復するわけではなく、また刈りたいのであれば再度申し込みが必要です。そのため、カードローンは手軽にお金を借りたいという人に向いています。
借り入れには利用した期間、元本に応じて利息がかかります。金利計算は日割りで行われ、年率何パーセントといった具合で設定されている金利を日割りで引き直し、それを利用日数分元本にかけ合わせることで具体的な額が出ます。返済方法は、元利一定金額を毎月支払うものもあれば、利息が最低支払額になっているものもあり、後者の場合には元本を一切支払わなくても良いため、余裕がない時は金利のみ、余裕がある時はまとまった金額を返済するということも可能です。
初めに審査を受けてカードを発行してもらえば、使用をしなくても問題はなく、借入れたい時に使用するというのでも問題はありません。この点が便利であるため、多くの人に使用されています。限度額は銀行系の方が消費者金融系よりも高くなっています。その理由は、総量規制の対処となっていないからです。もちろん、だからと言って、必ずしもたくさん借りられるわけではない点には注意が必要です。